ジミー・エドガーの機材と環境[翻訳記事]


Workspace and Environment: Jimmy Edgar
June 9, 2012

berlin

the original article
http://trashaudio.com/2012/06/workspace-and-environment-jimmy-edgar/

(権利を得て翻訳しています)

Background

At this moment, I’m in Detroit. I come back to USA every few months. I am sorta living in Berlin right now, which is where I was last 3 months. I feel rejuvenated by traveling and changing my environment so much. The problem is transporting my studio but I have a travel studio and split my equipment between the two cities.

今はデトロイトにいます。USAには数カ月ごとに戻ってきています。まあほとんど今はベルリンに住んでいるようなものです。3ヶ月前にはベルリンにいました。移動をして環境を変えることで、活力を取り戻すことができます。問題はスタジオを移動させることなのですが、持ち運び可能なスタジオを持っていますし、また2つの街に機材も分けておいてあります。

From as long as I can remember, I’ve been making music. I started very early. My first record came out when I was 17 and I got signed to Warp the same year. I love inspiring people and my curiosity is intense with all multimedia art forms, thats why I’m tripping between photography, video, and all that. I’m an insomniac but i love working a lot. I released my first sample library a few years ago with Fixed Noise called RHYTHM OBJEKT for Kontakt I am currently endorsed by Intellijel, Elektron, Native Instruments, Symbolic Composer, MAXMSP/Cycling 74, dave smith Ins, Apogee, Erthenvar, STG.

物心がついて以来、音楽を作ってきました。本当に小さいころから始めました。最初のレコードは17才のときに出て、同じ年にWarpと契約しました。インスパイアしてくれる人達が大好きですし、全ての媒体と形式のアートに強烈な関心を持っています。なので、写真や映像、そのほか全てのアートを行き来しています。不眠症なのですが、たくさん働くのは大好きです。はじめてのサンプル・ライブラリー集を何年か前にFixed Noise社からリリースしました。(RHYTHM OBJEKT/Kontakt形式) 現在はIntellijel, Elektron, Native Instruments, Symbolic Composer, MAXMSP/Cycling 74, dave smith Ins, Apogee, Erthenvar, STGとエンドーズ契約しています。

Current Favorite Hardware

I just got an octatrack, which is blowing my mind. The sound quality isn’t as great as an MPC but the software on it does some pretty amazing things. I like it because its a new way of working. Not much you can’t do with Ableton, but still sounds better than a computer.

最近octatrackを手に入れて、それに完全に魅了されています。サウンドはMPCほど素晴らしいものではありませんが、オクタトラック内のソフトウェアが本当に素晴らしい。新しい作業の仕方ができるので気に入っています。Ableton Liveでできることと比べて違いがあるわけではありませんが、それでもサウンドがコンピューターよりも良いです。

I got about 24U of modular and I’m a big fan of Makenoise. Cant wait for the new 2012 modules. Intellijel (Danjiel) is amazing guy and love his stuff. STG is a great guy too and they both have helped me out with my setup. Pittsburgh is also mentionable.

24U分のモジュラーを最近手に入れて、特にMakenoiseのファンです。2012年の新しいモジュラーが出て来るのが待ちきれません。Intellijelは素晴らしくとても好きな機材です。STGもそうです。2人は私のモジュラーのセットアップを構築する手伝いをしてくれました。Pittsburghも言及する価値のあるメーカーです。

Richie got me into modular, so I owe him a lot of my inspiration. Trash Audio is a great site so I’m happy to be doing this (even though its years late 🙂 Studio Electronics. Omega/SE1. I don’t mind spilling my secrets because its how I play them, not as much the actual sounds. I made most of RHYTHM OBJEKT with those.

リッチー(恐らくRichard Devine)がモジュラーシンセの世界に引き入れてくれたので、彼のお陰でたくさんの創造的な刺激を受けることが出来ました。Trash Audioは素晴らしいサイトなので、今回のインタビュー記事ができて嬉しいです。(本当はもっと早くできればよかったのですが)

Studio Electronicsの OmegaSE1を使用しています。使用している機材に関する秘密を教えることに抵抗はありません。何故なら、それをどのように使っているか、演奏しているかということが重要で、どのシンセサウンドを使っているかはあまり重要ではないからです。RHYTHM OBJEKTのほとんどを、これらの機材で作りました。

Slices Issue 2-12

Current Favorite Software

Soundtoys is great and some of the best sounding plugins. Alex (Boyz Noise) hooked me up with a lot of my cool new stuff. Sylenth sounds great, Razor is very cool and unique. GRM tools of course. I don’t do much max/msp programming these days but I am using it for my new performance using LED lights. Plogue Bidule, Symphonic Composer, and Metasynth are used really heavily in my music. Everyone asks me if I use Waves. No, I don’t like waves at all. I like my production dry, if you notice I don’t use so much effects in my music… its more like a collage rather than a wash of sounds.

最近気に入っているソフトウェア/ Soundtoysは素晴らしく、最高のサウンドがするプラグインの一つです。Alexが、今自分が使っている新しいソフトウェアを紹介してくれました。Sylenthは素晴らしいサウンドでRazorはとてもクールでユニークです。GRM tools も外せません。最近はあまりmax/mspのプログラミングをしていませんが、次の新しいLEDライトを使ったパフォーマンスに使おうと思っています。みんながWavesを使っているのか聞いてくるのですが、Wavesは全く好きではありません。自分の作品をドライ(訳注:つまりあまりエフェクトをかけないサウンド)にするのが好きで、エフェクトはそんなに自分の作品では使っていません。どちらかというとコラージュ作品のような質感で、水彩画のようなサウンドではありません。

KOMA Elektronik Interview

Workspace and Environment

Its always changing. The lighting and the space and the city. I need change to be inspired. Plus I like visiting my friends studios and having friends hang out in my studio while I produce. I like when my closest friends can do their own thing while I’m making music in the studio. I’m not much into working on airplanes, that when I do my transcendental meditation.

作業環境/いつも変化を与えるようにしています。照明や空間や、それから街もです。インスピレーションを受けるために、変化が必要なんです。それから、友達のスタジオに訪れるのも好きですし、自分が作業している間に友達が自分のスタジオに遊びにきているのも好きです。親しい友だちが自分の作業を、私がスタジオで音楽を作っている間にしているのが好きです。飛行機の中ではあまり作業はせず、瞑想をしています。

I love performing but if I could, I would just be in the studio constantly, but its nice to change my environment, as I said. I consider myself a visual artist above all, so the visual aesthetic is what I’m working on this year to get my studio up to par. Lighting is key for me, and colors. I’m looking into getting a new place in berlin, somewhere new that I can transform into mine. I’m finally at that point in my life where I want to settle into a place instead of traveling around everywhere and not really having a permanent home.

ライヴをするのは好きなのですが、できればもっとスタジオにいたいと思っています。環境を変えるのは好きだとさっきほど言ったのですが。自分のことは何よりも視覚芸術のアーティストだと考えているので、今年はスタジオの景観を満足いくものになるよう取り組んでいます。照明が自分にとってはとても重要です。それから色も重要です。ベルリンで新しい場所を探していて、そこを自分の望むような場所に変えたいと思っています。最終的には、やっと世界を移動するのではなく、人生のある時点で特定の場所に住みたいと思っています。永住する気はありませんが。

Ergonomics

I need a nice chair, I need visual stimulation. It’s just as important as the sound equipment. I have to be in that mind state. A lot has changed in this respect since I started meditating. I always wondered what constituted inspiration and non inspiration and I realized something. You can create inspiration by imagining yourself in that state. Staying positive. Before I studied meditation I was taking classes for hypnosis for fun… to my surprise they have a lot of similarities. Hypnosis helped me help other people, and myself But meditation is more of a personal thing.

よい椅子と、視覚的な刺激が必要です。音楽機材と同じくらい重要だと考えています。創造的な精神状態にならなくてはいけませんが、瞑想を始めてから多くの変化がありました。インスピレーションは何よってできているのか、そして何によってできていないのか、考えていましたが、わかった気がします。インスピレーションは、自分自身が創造的な状態にあると想像することで作り出すことができます。ポジティブな気持ちにあり続けようとします。瞑想を学ぶ前は、楽しみのために催眠術の講座を受けていました。驚いたことに、瞑想と催眠術には多くの似たところがあります。催眠術は他人を助けますし、もちろん自分のためにもなります。しかし瞑想は、もっと個人的なものです。

Berlin is a bit overpopulated with people who want to do things, but aren’t very motivated because its so cheap. I lived in NYC for 5 years and this was a good time for me to realize things about people and myself. Detroit was the most inspiring city for me because there is such a lack of something, and people have amazing imagination there, because of the lack. Urban detioration is good for inspiration too. I still can recall this Detroit feeling thats so strong and immediate, its hard to describe but you can hear it in my music. I’ve spent my life trying to recreate it.

ベルリンは何かをやりたいと考えている人が過剰にいるのですが、あまり内容が良くないので、モチヴェートされません。ニューヨークには5年間住んでいて、人と自分について理解することができた良い時間を過ごすことが出来ました。デトロイトは自分にとって一番インスピレーションを受ける場所で、それはある意味で欠けているものがあるからです。全てがあるわけではないからこそ、住んでいる人はイマジネーションを持っています。現代のdetioration(訳注:deterioration/荒廃とDetroitをかけた造語と思われます。) 「荒廃したデトロイト」はインスピレーションを得るためには良いのです。未だにデトロイトのこの感覚を、強烈に目の前にあるように思い起こします。この感覚がどういったものなのか説明するのは難しいのですが、私の音楽の中でそれを聞くことができるはずです。私の自分の人生を使って、この感覚を再構成してきました。

detroitstudio-photo

Ideal Location

I create it. Everyone should. Positive energy. Good people, comfortable. Silence. color very specifically. Ability to take breaks and do other creative things.

理想的な場所/理想的な場所を作ってきました。誰もそうすべきです。ポジティブなエネルギー、良い人々、静寂、色、休息。創造的なことをする。

Work Ethic

Silence is used just as much as sound. I usually change what I do for every project otherwise I feel exhausted. My recent thing has been imagining my song as my band. For instance the bass is my bass player and I give them characters attitudes and personal attributes. Like my drummer and percussionist is really egotistical and likes to show off. This creates a virtual environment and personality in music.
I also love splitting up my parts into bands and imagining music in 3d and attempt to make 4th and 5th dimensional music. I put different effects on the highs, mids, and lows and create layers bands on frequency bands. I’m always combining the best of digital, analog and computer music because they all have something amazing to offer.

「無音」はサウンドと同じくらい使います。同じことをし続けて飽きてしまわないように、プロジェクトごとにすることを変えています。最近は自分の楽曲が、自分のバンドが演奏しているような想像をしています。例えば、ベースは私のバンドのベースプレイヤーが演奏しているような想像をしています。それぞれに特徴的な性格を与えています。例えば私のバンドのドラマーとパーカッション奏者は、態度が大きく、目立ちたがり屋です。こうすることで、架空の環境を作り上げ、音楽に個性を与えています。また、自分の楽曲を帯域ごとに分け、3次元の音楽になるように想像したり、4次元や5次元の音楽を創りだそうとしています。異なるエフェクトを、高域と中域と低域にかけて、周波数帯域のレイヤーを作っています。デジタルとアナログとコンピューター・ミュージックの良い所を組み合わせています。何故なら、どれもそれぞれ異なった素晴らしいものを提供してくれるからです。

Most of my time is spent writing music on piano, since I spent a long time studying with black baptist church jazz pianists, they have a very DIY style of playing and taught me to play from heart. Once you got the structure, its easy to build electronic song around that. Thats why I can effortlessly make melodic cuts and effects into my music, because I’ve organized and structured my music into chords, progressions, melodies and other song structure applications.

ほとんどの時間は、ピアノを使って作曲しています。かなりの時間をバプティスト黒人教会のジャズピアニストに習っていたからで、彼らはDIYスタイルの演奏方法をしていて、心から演奏する方法を教えてくれました。一度構造をつかんでしまえば、それを使ってエレクトロニックな曲を作り上げるのは容易です。私が苦労せずにメロディのある断片やエフェクトを作って自分の音楽に使えるのはそういうわけです。自分の音楽を、コードやコード進行、メロディ、その他の楽曲形式を使って、構造化したり体系化しているのです。

First Piece of Gear

The ensoniq ASR X PRO.. then soon later came the808. Still one of the best pieces ever. I think everyone can agree. I remember playing live when I was younger and that thing kills any sound system. You could rock a show with an 808 and a mic any night, in any city, all over earth.

最初の機材/EnsoniqのASR X PRO です。その後すぐにTR-808を手に入れました。未だに最高の機材です。誰もが賛成してくれると思います。若いころにTR-808を演奏して会場のサウンド・システムを壊してしまったことを思い出します。TR-808とマイクがあれば、世界中のどんな街でも、どんな夜でも、会場を最高に盛り上がらせることができます。

Last Piece of Gear

Octatrack. I think it’ll be sought after for a long time. It’s definitely a time piece.

最期に手に入れた機材/オクタトラックです。こういった機材を長い間探していました。評価されるのに時間がかかると思いますが、間違いなく良い機材です。

Eavesdropping

It’s always quite a surprise hearing my music out. Especially the ones that the DJs didn’t know I produced it. I remember the first time this happened. me and Travis (Machinedrum) were 17 and walking into virgin records in Japan and they were playing my record as we walked in. Amazing feeling. Bunch of people in line were buying our records… just wow yaknow?

軒先で急に出会う/自分の音楽を外で聞くと、とても驚きます。特にDJが私が作った作品だと知らずにプレイしている場合です。最初にそれが起きた日のことを今でも覚えています。私とTavis(Machinedrum) が17才のときに日本のVirgin Recordに入って行くと、私の曲がかかっていました。最高でした。たくさんの人が一列になって私のレコードを買っていました。最高ですよね。

Extra Curricular
I’m an accomplished fashion photographer and I’m working on making short films and have done music videos for artists like Beta Band/Black Affair and Emika on Ninja Tune. I also have a graphic design and multimedia project that I am working on consciousness changing artwork and from my contact with extra terrestrials, and my work with meditation, occult, and alchemy. It’s called magenta, like my new album

– http://majentadesign.tumblr.com/
– jimmyedgarphotography.com

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 5 人中 5 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.