音楽用語-英語対訳


音楽用語は、他の学問用語に比べて辞書に掲載されている数が少なく、調べても判然としないことがあります。また、私の知る限りでは良い音楽用語の辞書がありません。(ご存知の方はぜひコメント欄でご教示ください。)

そこで、音楽用語の英語日本語の対訳リストを提示します。随時追加します。間違えもあるかと思います。なるべくリンクを見て語義を確認してください。


 

参考になるサイト

英和辞典

http://www.alc.co.jp/

語源辞典

http://www.etymonline.com/

ワード数のカウントと、難易度の測定

http://wordcounttools.com/

対訳を参照できる

http://www.linguee.jp/

 


 

Ornamentation / Ornament / 装飾音、装飾すること

日本では一般的に装飾音と翻訳されることが多い。ただし実際には、核となるメロディを装飾する「行為」を指している。


 

well-tempered / temper

バッハの平均律クラヴィアーバ曲集 (英:”Well-Tempered Clavier“)は、よく知られているように平均律の為の音楽ではなかったとされている。平均律は「equal temperament」。well temperedは「巧みに調律された、もしくは十分な考慮のもと調律された」というような意味。当時、変化記号がつく調性はあまり使われず、ほとんど使用される調性は決まっていた。そのため調律も一部の調性に特化したものであった。しかし、バッハはすべての調性で曲を作り曲集にした。その点が画期的であった。すべての調性で演奏できるためには当然調律も、一部の調性にだけ最適されたものではなく、すべての調性においてバランスよく響くものであったと考えられる。それを示しているのが 「well tempered」という語であると考えられる。なお、具体的にどのような調律であったかは、未だ議論されている。

http://en.wikipedia.org/wiki/Musical_temperament#Well_temperament_and_equal_temperament


Phrases of double notes

重音による時フレーズ。つまり、2音の和音によるフレーズ。こういうのです。 まれに2全音を指すこともあります。かなり特殊な音符なので、ほとんど使われることないです。


 

Forearm(フォーラー)

前腕。肘から下の部分を指します。ピアノの教則本などで頻出する。


Drum

ドラムとは一般的に、シェルとヘッドからなる楽器、つまりスネアや大太鼓やティンパニやタムやコンガのような形態を指します。ですのでシンバルやクラーベのことはドラムとは呼ばず、「ドラムキット」に含まれる楽器という認識があります。ドラムとは原則、皮が張られた空洞のある楽器のことをイメージしています。


 

Adjacent notes , Conjunct motion , Motion by step

左から音程的に隣の音、順次進行、同順次進行。つまり、ダイアトニックスケール上で、隣の音に進むこと、を示している。跳躍する場合にはby leap等が使われます。


Larger intervals (known as disjunct motion or motion by leap)

上記の対義語。跳躍進行などと翻訳される。3度以上進む場合はこちら。


strong beat / on beat

強拍。4/4拍子なら、1拍目と3拍目。


weak beat / off beat

弱拍。4/4拍子なら、2拍目と4拍目。


 

bar 1

1小節目。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.