Sync機能


今までターンテーブルと同じように手動で2つの曲のピッチをあわせる手順を紹介してきました。しかし、Traktorはこの作業を自動で行ってくれます。それがSync機能です。

  1. まず再生中のトラックをMasterに設定してください。( 4‑1のMasterをクリックして点灯させる。)
  2. 次に再生するトラックを、Syncに設定します。( 4‑2のSyncをクリックして点灯させる。)
  3. 次に再生するトラックを、再生させます。すると、テンポが合い、また拍も合った状態で再生が始まります。これがSync機能です。

Fig. 4‑1

image053

Fig. 4‑2

image055

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.