シェーンベルク 序


THE USE OF THIS BOOK FOR TEACHING AND SELF-INSTRUCTION

教育及び独習のための本書の活用について

THIS book contains in condensed form the methods of teaching harmony as presented in my Harmonielehre. Those whose training is based on these methods will easily be able to follow the more remote conclusions on the evaluation of structural functions. Unfortunately the understanding of harmony by many students is superficial, and foreign to the procedures of great composers. This is caused by the general use of two obsolete teaching methods. One, consisting of writing parts above a figured bass, is much too easy a task; the other, harmonizing a given melody, is too difficult. Both are basically wrong.

本書は「Harmonielehre (訳注:シェーンベルクが本書以前に出版した和声方に関する書籍)」において示した和声教育の手法が要約された形で含まれている。この方法に基づいた教育を受けた者は、容易に構造的機能の評価に関するより進んだ結論にたどり着くことができよう。しかし残念なことだが、多くの学生の和声(原語:harmony)の理解は表面的であり、偉大なる作曲家の手法についてほとんど何も知らないといってよい。原因は、一般的に使われている2つの旧式の教育方法にある。一つは、数字付き低音の上に声部を書くというものであるが、これはあまりに簡単すぎる。もう一つは、与えられた旋律にハーモニーをつけるものであるが、これはあまりに難しすぎる。どちらも根本的に不適切なのである。

Practising part-writing is the only achievement of the figured-bass method. The expectation that becoming familiar with correct harmonic progressions will train the ear is not justified. If such were the case, familiarity with good music would make further teaching superfluous. Besides, playing from figured bass is no longer customary. I suppose that my generation was the last to know it. Today even good organists prefer written-out harmonies to the obsolete shorthand  notation.

声部書法の訓練は、数字付き低音の処理ができるようになるだけである。正しい和声進行に精通することが耳の訓練になるという期待は、理にかなっていない。もしそれが本当なのであれば、良い音楽に親しむだけで十分であって、より進んだ教育は必要がないということになろう。さらに、数字付き低音の演奏はもはや慣習ではない。おそらくは私の世代がそれを知っている最期の世代であろう。今日では優れたオルガン奏者ですら、旧式の速記用の記述よりも、完全に書きだされた和声を好む。

Harmonizing given melodies is in contradiction to the process of composition; a composer invents melody and harmony simultaneously. Subsequent correction may sometimes be necessary; improvements anticipating later developments and adaptations for changed purposes may challenge the composer’s technique. One might also be obliged to harmonize a melody — a folksong, or one by a “one-finger composer”. Again, this can be done only by one who has been born with or has acquired the sense for the evaluation of harmony.

与えられた旋律にハーモニーをつける行為は、作曲の工程とは全く反対の行為である。作曲家は旋律とハーモニーを同時に創作する。もちろん、後に修正が必要となることもあるだろうが。つまり、後にさらに発展するように改良をしたり、変更された目的に合わせるといった行為であるが、これは作曲家の技法への試練でもある。とはいえ、メロディにハーモニーを付けなくてはいけないこともあるかもしない。 — 民謡にハーモニーをつけるとか、一本指の作曲家のメロディにハーモニーをつけるといった場合である。しかしこの場合にも、それをできるのは生まれつきハーモニーを評価する感覚をもっている者か、もしくは後天的にそれを獲得したものだけである。

More than forty years of experience have proved to me that it is not difficult to study harmony according to the method of my Harmonielehre — that is, to compose harmony progressions from the very beginning. It is also the intention of this book to provide students who have been taught in other ways with a full insight into this technique. Basic advice for this purpose is given in Chapter II; additional recommendations appear in the following chapters.

40年以上にわたる経験から、私が書いた「Harmonielehre」の手法にしたがって和声を学ぶことは難しくはないことが証明された。つまり、全く最初の段階から和声進行を創作する、という方法である。また、本書は他の方法で教育を受けてきた学生にたいしても、本書の技法への深い理解を与えようとしている。この目的のための基本的な助言は2章でなされる。追加の提言は続く各章でなされる。

Of course, part-leading must not be allowed to be a handicap to one who attempts these advanced studies. One who cannot control four parts with a certain ability either has not worked seriously or is entirely untalented and should give up music at once.

もちろん声部書法の技術が、本書が示す高度な研究に取り組もうとするものにとって、ハンディキャップになることは決してない。4声体を確信をもって統制できないものは、真面目に勉学に努めなかったか、もしくは全く才能がないのであって、今すぐに音楽を諦めたほうがよかろう。

Knowing the treatment of dissonances, obeying the advice for the use of root progressions, and understanding the process of  “neutralization” will provide the background for further conclusions. It is important to relate “substitutes”  and ” transformations ” to degrees and to understand that they do not alter the structural functions of the progressions. They intensify the affinity between tones and promote melodically convincing part-leading.

不協和の取り扱いを知り、ルート音の進行の用法に関する助言に従い、中和(訳注:後の章を参照)の過程を理解することが、より深い結論を導くための間接的な要因となろう。「借用和音」と「変形和音」を、音階の各度数と各度上に構成される和音と関連付けることは重要である。同時に「借用和音」と「変形和音」が、コード進行の構造機能を変更することはないということを理解するのも重要である。そうすることによって、音と音との親和性を高め、より旋律として説得力のある声部書法を書くことが可能になるのである。

It should not be overlooked that harmonies with multiple meaning the “vagrants” may occasionally proceed in conflict with the theory of root progressions. This is one of the shortcomings of every theory and this theory cannot claim to be an exception; no theory can exclude everything that is wrong, poor, or even detestable, or include everything that is right, good, or beautiful.

多義的な意味を持つハーモニー、つまり「放浪性のハーモニー」は時折、ルート進行の理論と矛盾することがある。これは全てのセオリーがもつ欠点でのひとつであって、本セオリーも例外だということはできない。つまり、どんなセオリーも、全ての悪いもの、貧弱なもの、憎悪すべきものを排除することはできないし、また全ての正しいもの、良い物、美しい物を含めることもできないのである。

The best I can aim at is to recommend such procedures as will seldom be wrong, to draw the attention of the student to the fact that there are distinctions to be made, and to give some advice as to how the evaluation of harmonic progressions will help him to recognize his own shortcomings.

私が最大限にできる企ては、ほとんど誤りがないであろう手順を推薦し、見分けるべき差異があるという真実に生徒の注意を向け、ハーモニー進行の評価を入念におこなうことで如何に自分自身の欠点を見つけるために役に立つかという助言を与えることだけなのである。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 13 人中 12 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.