processing random noise


スクリーンショット 2016-03-22 7.11.41

ランダムの数を発生させる基本は random(数)を使う方法です。以下の例では0〜100までの範囲から選ばれたランダムの数が表示されます。

randomSeed(数)を使うと、乱数のテーブルが固定されるので、毎回同じ乱数が出ます。以下の例では、毎回同じ組み合わせの数字が出ます。randomSeed(数字)の数字が同じである場合には、毎回同じ組み合わせになります。

ちなみに99〜100までの乱数を出す場合にはrandom(数1〜数2)で指定します。

以下引用

randomSeed()で乱数表を固定することで、最初のラインを引くフェーズも、次の点を打つフェーズも、同じ乱数がでる。そのため、ランダムであるにもかからわず、ラインと点で同じ乱数を使うことができる。

マウスを離したときにrandomSeed()の値を変えている。

Noise

Perlin noise とよばれる乱数を生成します。この乱数の特徴は、変化が少ないところです。次のコードを実行するとわかりますが、隣と隣が比較的近い値が出ています。

こちらも、noiseSeedで乱数を固定することができます。noiseSeedが同一で、かつnoise(X)のXの値が同じであれば、同じ値が出ます。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.