おさらいと今後の予定


さてここまでで、以下の機能と操作の基礎が身につきました。これでDJのマスターとはいえなくとも、マスターになるための練習がスタートできるはずです。

  1. ターンテーブルとミキサーの使い方
  2. Cueの使い方
  3. ピッチ合わせ
  4. Sync機能
  5. Gridマーカーの調整
  6. Loop、Beat Jump、Fluxモード、Effect
  7. ミックス

次は…

  1. ヴォリュームの管理
  2. ループ、EQ、Effectの実践的な使い方
  3. どの位置で、どれくらいの長さミックスをすればよいか
  4. KeyをあわせてDJをするには?
  5. EQのサウンドや、クロス・フェーダーのカーヴ等々、カスタマイズ
  6. Fluxモード等々、新機能をコントローラーにアサインする
  7. どこで曲を買えばよいか
  8. どんな順番で曲をかければよいか
  9. その他Traktorの機能の詳細

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.