NumarkがTechnics Sl-1200オマージュのターンテーブル「TT250USB」を発表


メーカーサイト:http://www.numark.com/product/tt250usb

引用元:http://djtechtools.com/2015/08/11/numarks-tt250usb-aims-for-budget-dj-turntable-market/

numar

NumarkがTechnics Sl-1200オマージュのターンテーブル「TT250USB」を発表しました。2015年秋に発売と予想されます。(以下全て予想) 売価約300$=3万8千円。PioneerのPLX-1000は697$。

ターンテーブルの売上はドルベースで昨年の2倍になっており、各社ターンテーブルを出してきていますね。アナログレコードも売れ行きが変わってきている昨今なので、もう一度ブームが来るということなんでしょうか。私の予想では、DVS(デジタル・ヴァイナル・システム)がかなり浸透してきたので、自宅でも練習をしたいというニーズが高まっているのではないかと思っています。

メーカー発表のスペックは以下。

Numark TT250USB Turntable Specs:

Here’s the lineup of tech specs straight from Numark themselves:

  • Quartz-controlled direct-drive motor
  • Die-cast aluminum platter (.09% wow & flutter)
  • S-shaped tonearm
  • Includes pre-mounted high-quality magnetic cartridge
  • Pitch adjustment range ±10% (Pioneer PLXは±8, ±16, ±50 %。ここが違うところ。)
  • Converts records to digital files with USB cable connection to computer (USBで接続可能)
  • 1/8-inch input for remote start with compatible mixers
  • Attached stereo line-out RCA cable

他のターンテーブルとくらべてどうか

実際にはスペックだけではわからないことが色々あるので、使ってみないとわからないのですが、ただ値段が約4万円と、圧倒的に安い点に惹かれる人は多いと思います。

ピッチ可変幅は本来+-8%が基本ですので、+-16%とか+-50%できなくても問題ないでしょう。むしろDVSを活用している人ならソフトウェア側で調整できるため、全く問題ありません。

さらにUSBでオーディオをデジタル変換できるのも、同価格帯のターンテーブルにはありません。

ということで、触ってみて問題なければ今後、スタンダードになる可能性あると予想します。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.