モードチェンジについて ー原始的なモードチェンジ マイナーキーのドミナント


2011/11/3

音楽理論は一般的に、メジャースケールを基本と考えら作られています。いわゆるドレミファソラシドですね。

メジャースケールから外れる音に対しては、説明が入ります。例えばF#がでてきたとしましょう。Cメジャースケールのダイアトニックな音はFですから、これは例外的な存在です。

「おそらくこのF#は、D7 G7と進むコードの一部で、ドミナントコードに進むドミナントコード、つまりダブルドミナントに含まれるF#」等と説明が入ります。

基本から外れるときに、なぜ外れたのか、なぜそれが可能なのか、説明をしていくわけですね。芸大和声やジャズセオリーなどを頭から学習していくと、例外の中でも、頻出するパターンから説明が始まります。

でも実際のコード進行においては、説明されないパターンのコード進行ががでてきます。C D7 F Gなどです。もっと難しくなると「C D7 Ab A F C」など。

こうなってくると、一体何処が中心なのかほとんどわからないですよね。ですからジャズでは「モードチェンジする」という発想が
でてきて、モーダルインターチェンジとこのテクニックは呼ばれます。

例えばCメジャーキーにおいて突然「Cm7」なんていうコードが出てきますね。これはkeyがCmajからCminに変わったのでしょうか?確かにこれはCminから借りてきたコードだといえるでしょう。けれど転調と呼ぶには準備がないし、突然元に戻ります。だからこれは、モーダルインターチェンジと考えた方がいいだろう、ということになります。

モーダルインターチェンジでは、もとのキーを中心に考えます。つまり、Cmajがあって、その中でEがフラットしたり、Bがフラットしたと考えます。このモーダルインターチェンジにおいては、元のキーとのなんらかの類似性を頼りに機能しています。つまりダイアトニックコードの一部が♭するだけでチェンジできる範囲に留まっています。

モーダルインターチェンジの一番原始的なものは、マイナーキーにおける五度上のコードがマイナーコードではなくセブンスコードになることだと密かに考えています。

Cm G7 Cmという進行のG7のことですね。Cナチュラルマイナースケールは、C D Eb F G Ab Bbですから、素直にこの中から音を選んだら、G Bb D F、つまりGm7になるはずなのに、BナチュラルにかわってG7になります。

これはメジャーキーのドミナントコードから借りてきているといえるのではないでしょうか。一番基本になるメジャーキーの法則を借りて、5度上にドミナントセブンスコードが発生しているわけです。

この、強い法則を借りてくる、というのがコード進行の「例外的な進行の拠り所」だと最近は考えています。ですから、ちょっと不思議なコード進行が、何処の力をかりているのかがわかると、応用がきくのではないでしょうか。

ではまた!

このは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 6 人中 5 人がこの は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.