全くの「Logic Pro X」初心者が始めるDTM/作曲〜3〜


毎日触っていたらLogicの楽譜入力が出来るようになりました

なんとなく毎日触っているうちに、まずは楽譜をつかって打ち込むことが出来るようになりました。上の動画です。AbキーでⅣM7 Ⅲ7 Ⅵm7 Ⅴm7 Ⅰ7という、いわゆるJust the two of us タイプのコード進行です。Logi付属のストリングス音源で打ち込んでいます。(Pop Strings)


ストリングスが遅れて聞こえるので、本当は前のめりに打ち込みたいんですが、いまいち方法がわからず。さしあたって楽譜を打ち込めて、音が確認できるところまで来たのでオーケーとします。

方法は後半に!

Logicのドラム音源も結構良い

さらに、ドラムとベースを打ち込んでみました。結構ドラムの音源いいですね。ドラムは「Motown Revisited」です。(モータウンの詳細についてはこちら) モコっとした目立たないキックと、パシャっとした生っぽいクラップがモータウンっぽくていいですね。

今回はストリングス、ドラム、ベースの音色をLogic付属の音源を使いました。使いやすい音色が多く、デモを作るには十分だと感じました。よく使う音は大体あるので、とてもいいです。

使い方

操作画面を録画してみました。削除 (delete)、やり直し (Cmm+X) 、意外は全てマウスで操作していますので、これを見れば一通り操作がわかります。またPC、Macで動画をみていただくと、詳細説明が見れます。

トラックの準備→打ち込み/編集

手順をざっくり説明すると以下のようになります。

  1. 楽器の録音/打ち込みをするトラックの準備をする
  2. 詳細画面で録音/打ち込み/編集をする

「1.トラックの準備のステップ」では、音色の決定や、打ち込むためのリージョンとよばれる箱を用意します。「2.打ち込み/編集のステップ」では、実際に音を打ち込んでいきます。その後微調整をします。

1.トラック準備

  1. トラックを「+」ボタンで作成
  2. 音色を左のウィンドウで選択
  3. 鉛筆マークでリージョンを書く
  4. リージョンの下半分をドラッグで伸ばす
  5. リージョンをダブルクリックして編集

2.打ち込み/編集

  1. 鉛筆マークで鍵盤をクリックして音を確認
  2. 狙った場所に書く
  3. ずれていたら矢印ポインタで微調整

まとめ

全くのLogic初心者の私でしたが「一般的な学習のコツ」に従い、3日間でさしあたって打ち込めるところまで成長しました。コツが上手く機能したということがいえると思います。もう一度学習のコツを整理します。

「学習を習慣化し、理解できる範囲を着実に広げ、そして学習を辞めない。できれば教えてくれる人を見つける。」でした。分解すると以下の3つになりました。

  1. 対象に接触する「頻度」を増やす。(「時間ではなく、頻度」が大切。)
  2. 小さい範囲を理解する。そしてその範囲を少しずつ広げていく。(全体を一度に理解しようとすると、挫折します。)
  3. 分かる人に教えてもらう。(結局はこれが一番効率がいいです。)

特に今回は、毎日Logicに触れるということ、少しずつ理解することを大事にしました。全くわからないところから初めた割には、使えるようになりました。やはり「続けさえすれば、理解できる」というのが大事だと再確認しました。

また、最初から全部を理解しようとしなかったことも、挫折を免れる要員になったと思います。みなさんもコツコツトライしてみてください。

ではまた!!!

このは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.