【DTM】Logic Pro X でステップ入力をする方法


ステップ入力とは

ステップ入力とは「音符の長さ」と「高さ」を選択し、順番に入力していく方式です。リアルタイムに演奏することが難しい場合や、シンセなどの機械的なフレーズを入力するために最適の方法です。

ステップ入力の利点

  • 一つ一つ音を確認しながら入力できるので、間違えがありません。
  • ピアノロールで入力するよりも、早く入力できます。(慣れが必要ですが)
  • 修正も簡単にできます。

ステップ入力のネガティブポイント

  • 慣れが必要です。
  • 明確なイメージがない場合には向いていない方式です。

ステップ入力には、マウスを使用する方法とMIDIキーボードを使用する方法がある

ステップ入力をする場合、マウスで音を指定する方法とMIDIキーボードで指定する方法があります。MIDIキーボードを使用する方が早く入力できます。自宅などMIDIキーボードがある環境であればMIDIキーボードを使用し、ない場合はマウスで入力するのがオススメです。

マウスを使用する方法

ではLogic Pro X でステップ入力する方法を動画で説明していますので、ご覧ください。

動画

ステップインプットキーボードを選択

まずステップインプットキーボードを表示させます。このキーボードを使用して入力していきます。操作方法は動画をご覧ください。

長さと高さを選択し、キーボードをクリック

  1. 音符マークで音の長さを決めます。
  2. キーボードを押して、音の高さを決めます。
  3. 入力されます。
  4. 矢印キーで入力する場所を移動できます。

詳しくは動画をご覧ください。

MIDIキーボードを使用するやり方

動画

マウスの代わりにMIDIキーボードで入力する

音の長さは、先ほどと同じように、ステップインプットキーボードで選択します。音の高さをMIDIキーボードで選択します。こちらも詳しくは動画を参照してください。

まとめ

  • ステップ入力は、音の長さと高さを指定して入力する方式なので、正確に入力できる。
  • ステップ入力は、ピアノロールで入力するよりも早い。
  • MIDIキーボードを使用すると、一層早く入力できる。
  • ただし、慣れが必要。

以上です。ではまた!

このは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 4 人中 3 人がこの は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.