Bill Evans / Walz for debby


2011/7/27

ビルエバンスの美しいワルツ
walz for debby
ほとんどのベースラインが半音か五度下降になっており、それがクラシカルな印象を与える。

1△7on3 /6m7 /2m7/5-7/
3-7on2/6-7on#1/2-7on1/5-7on7
1-7on7b/4-6on6/2mb5on6b/5-7on4
3m7/6m7/2m7/5-7

まず最初の16小節を取り上げる。

最初の1△7を、on3にすることで5小節目までを五度下降にすることに成功している。

次に、五小節目から12小節目までの半音下降について考える。スタートは3-7on2。このコードは、ベース音を7thにしている。そして次は6-7on#1。これはベース音を3thにしている。このようにセブンコード の五度下降の連続は、3thもしくは7thベースにとることで、必ず半音進行に直すことができる。

これを応用すると、2m 5-7の連続も2m7の7thから始めた場合には、半音下降に変換できる。

しかし、2m7のm3から始めた場合には、半音下の音は次の7thコードの6thになる。そのため幾分スムーズさを失う。
もう一度五度下降全体に目を向ける。
3-7から始まったコードは、最終的に4△まで下降し、ダイアトニックなコードになる。それまではすべてノンダイアトニックな音を含んでいる。ここまで戻ってくれば他のコード進行に進んでも問題ない。ここからは、セブンスコードの連結ではなくて、サブドミナントマイナーの2mb5のb6、5-7の5、そして7を経由し、3m7のルートへと見事な半音進行をつくる。この動きはショパンにもよく見られる半音処理で、クラシカルな印象をより強めている。

まず前半16小節を見てみたが、この7thコードの五度下降連続は、ジャズ特有のサウンドであり、使いこなせれば優雅な雰囲気を出せる一方で、ノンダイアトニックな音が多く含まれ、対応するスケールがわかりずらい。

このは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 2 人中 0 人がこの は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.