Automatic / 宇多田ヒカル に学ぶマイナーキーのコード進行


宇多田ヒカルは1998年に1stシングル「Automatic/time will tell」をリリースし、その洗練されたサウンドと英語を彷彿とさせる詩のリズム感が、日本の音楽シーンに大きな影響を与えました。(詩の考察に関しては http://lyricstheory.com/ こちらのサイトをご覧ください) 当時、とてもかっこいいと思った記憶があります。

テクニック

この曲では、マイナーキーのⅠから始めた時に選択できるコードのバリエーションを学びましょう。なんとなくマイナーキーで曲を作り始めようと思ってCmをひいても、次にどこにいけばいいのか、メジャーキーに比べると慣れていない。そんなことありませんか。課題曲ではメロAとサビが、どちらも同じⅠmで始まりますが、異なるサウンドです。ですから2パターンのⅠmから始まるコード進行を学ぶことが出来ます。この2パターンをまず押さえるとマイナーキーに慣れることが出来ます。

またBメロではサウンドがメジャーになります。ここではマイナーキーの中で部分的に現れるメジャーなサウンドを学ぶことが出来ます。マイナーキーの中で部分的に現れるメジャーなサウンドは、主にレラティブキーを活用することになります。つまりA minor Key で始まった場合には C Major Key を活用することになります。

マイナーキーのコード進行

詳細は総譜を見てください。ガイドラインを示します。

  1. Aメロ全体 Ⅰmから全音下がっていき、Ⅳ7までいく。Ⅴ7でⅠmに戻る。
  2. サビ ⅠmとⅤmの繰り返し
  3. サビ Ⅰm bⅦ bⅢ Ⅰ7→Ⅳm

メジャーサウンドのコード進行

  1. Bメロ ⅣM7  Ⅲm7  Ⅱm7  ⅠM7の繰り返し
  2. アウトロ ⅣM7  Ⅲm7  Ⅱm7  Ⅱm7/Ⅴ (バリエーションとしてⅥm7  Ⅲm7  Ⅱm7  Ⅱm7/Ⅴ)

他に面白いコード進行

  1. Aメロ Ⅳ7。揺れ動くマイナーキーにおける「Ⅳ」。bⅥに進むことができる。
  2. Bメロ bⅡM7→bⅢM7。ノンダイアトニックなbⅡM7はナポリコード。ナポリコードが全音上に進行する。

総譜

1

2

Aメロ Bメロ

  1. Ⅳ7→マイナーキーにおける揺れ動くコード(マイナーキーのダイアトニックコードのうちⅣ,Ⅱ,Ⅴは選択肢が多い)
  2. bⅡM7→ナポリコード。ここでは特にbⅡM7 bⅢ bⅥが結果として、ⅣM7→Ⅴ→ⅠM7にみえるコード進行を形成している。

ナポリコード→書籍「p.252 , Neapolitan Chord」を参照。

マイナーキーのダイアトニックコード「p.64 , 4.3 In Minor Key」を参照。

サビ

  1. Ⅰ7/Ⅲは、Ⅳm7に進むセカンダリードミナント。
  2. Ⅳm7→Ⅴ7→Ⅰm以降の流れ→美味しすぎるループコード。パクるべき。

セカンダリードミナント→書籍「p.202 , 10.2 Secondary Dominant」を参照。

 まとめ

ということで各コードの仕組みがわかったら、あとは一曲丸ごとコードを暗記してしまいましょう。どのコードが何処に進めるか、それからどうやってループさせることができるか、覚えてしまいましょう。

ではまた!

このは役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 3 人がこの は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.