max for live チュートリアル


Max Live Building Toolにどうやらヘルプが含まれているよう。これを見ると良いかも。

https://www.ableton.com/ja/packs/max-live-building-tools/

Max for LiveのMaxの画面のExtraの中にM4Lようのデバイスがある。

私が作ったチュートリアルは以下Channelで公開しています。以下の動画以外にも1から説明しているものが沢山あります。

https://docs.cycling74.com/max5/refpages/m4l-ref/images/ObjectModel.png

 

マックスの特に条件分岐に付いて詳しい(日本)

http://www.iiitak.com/sim2008mau/

  1. int型(整数) 例: 1, 128, -15,
  2. float型(実数) 例: 0.5, -0.5
  3. list型(リスト) 例: 「1 2 3 4 」, 「1 0.5」
  4. bang (オブジェクトに対して、 動作を促すためのメッセージ/ Max特有のもの )
  5. symbol (文字列) 例: start, stop, open, read, など、文字での命令。
  6. 混合型      例 : 「set 0 」 など、上記メッセージの組み合わせ。

 

 

詳しい

https://www.youtube.com/user/BazTutorials/videos

banの説明

セレクタ

gate

gate2

 

ミディを他のmaxデバイスにも送る方法 英語

シンセに必要なMIDI信号だけ受け取る

プロセシングにMIDIデータを送れる?

JSが書けるらしい

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.