Massiveのフィルター・ルーティング


 

Massiveのフィルターは、かなりフレキシブルに設定できますが、それが難しくなっている原因でもあります。ですので、まずMinimoogタイプの非常にシンプルなセッティングにする方法を紹介します。

Minimoogタイプのフィルター・ルーティング

  • Minimoogのフィルターは1つだけです。そこを全ての信号が通ります。ですので以下の図のようにしてください。
    minimoog

(青)オシレーターを全てF1つまりFilterの1に送る

オシレーターセクションにあるF1-F2というスライダーを、完全に上まで上げて、F1にだけ音が進むようにしてください。

(もし反対にスライダを下まで完全に下げると、全ての音はF2のフィルターに進み、F1は通りません。)

(緑)Ser=シリアルまで、目一杯あげて、フィルターを直列つなぎにする

このフェーダーを完全に上まで上げると、2つのフィルターが直列つなぎになります。つまり、フィルター1を通った音は全て、フィルター2に進むことになります。ただ、今回はフィルター2はつかっていませんので、あまり関係ないです。

(赤)フィルター1のボリュームを上げる

ここは、ざっくりと説明すると、各フィルターを通った音のボリュームの調整です。ですので、今回はフィルター1を使っているので、フィルター1のボリュームを上げてください。

(橙)Mix1だけにする。(フェーダーを完全に上へ)

これでフィルター1を通った音だけが聞こえます。

結果として、全てのオシレーターの音がフィルター1に進み、フィルター1を通った音だけが聞こえます。

これでMinimoogと同じ、一つのフィルターだけを使ったセッティングになりました。ベーシックなシンセ音色は、このセッティングで作ることが可能です。ですのでまずこのフィルターセッティングで、ベース、パッド、エレピ、リード、といった音色を作ることに慣れるのをおすすめします。

フィルター1とフィルター2を両方通った音だけを聞くセッティング

せっかくフィルターが2個あるので、一個目のフィルターで音を加工し、さらにその音を2個目のフィルターでも加工したい、という場合のセッティングをご紹介します。つまり2つのフィルターを順番に通して加工するルーティングです。

シリアル

(緑)まず全てをフィルター1に送る

(青)完全にシリアル接続=直列つなぎにする

こうすると、F1を通った音はすべて、F2に進みます。

(赤)F1・F2共にフィルターを設定し、各フィルターのヴォリュームを上げる

実は、F1のフィルターのヴォリュームはあげなくても、今回のケースにおいてはあまり問題がありません。F2のボリュームだけは必ずあげてください。

少しわかりにくいですが、実はこのパラメーターは、フィルター1を通った音をMix1にどれくらい送るか、というパラメーターであって、フィルター1を通った音をフィルター2にどれくらい送るかというパラメーターではないのです。つまりフィルター1のこのパラメーターをゼロにしても、問題なくフィルター1を通った音は全て、フィルター2に進みます。

(橙)完全にMix2に振り切り、フィルター2を通った音だけを聞く

こうすると、フィルター2を通った音だけを聞くことができます。といってもフィルター2を通る前にフィルター1をも通っているので、結果として、オシレーターから出た音がフィルター1を通って、さらにフィルター2を通った音を聞くことになります。つまり今回の希望通りのルーティングになりました。

もし、このフェーダーを丁度真ん中にすると、以下の2つの音を「混ぜあわせて」聞くことになります。

  1. フィルター1とフィルター2の両方を通った音
  2. フィルター1だけしか通っていない音

つまり、フィルター1しか通っていない音も、聞いていることになります。これも悪く無いですが、今回の予定とは異なったセッティングです。

パラレル接続

まず「パラレル」という言葉について理解して欲しいのですが、パラレルというのは「互いに影響を与えずに独立している状態」を表す言葉です。例えばSFでパラレル・ワールドといった場合には、自分の住んでいる世界と非常に似ているのに、全く自分の世界とは「関係がなく独立して」存在している世界のことを表しますよね。実はパラレルな宇宙が存在していて、そこを行き来することでタイムワープをしたりします。

今回のパラレル接続も同じ意味で、フィルター1とフィルター2を独立して使うよ、という意味です。つまり、「フィルター1を通った音はフィルター2に」進まないですし、当然「フィルター2を通った音はフィルター1にも」進まない、ということです。2つのフィルターの「行き来はない」というのがパラレル接続です。

では今回は、パラレル接続を使って以下の様なセッティングにしてみましょう。

  • オシレーター1と2はフィルター1だけを通る。
  • オシレーター3はフィルター2だけを通る。
  • 最後にフィルター1を通った音と、フィルター2を通った音を、両方共聞く。

パラレル

(緑)まずオシレーター1と2を、フィルター1に送る

(緑)オシレーター3を、フィルター2に送る

こうすると、オシレーター1と2は、当然ですがフィルター2にはいかないですし、反対にオシレーター3はフィルター1には進みません。当たり前ですね。

(青)完全にパラレル接続にする

こうすると、F1とF2は完全に独立して、お互いに行き来することは一切ありません。単に2つの異なったフィルターを活用する設定になります。

(赤)F1・F2共にフィルターを設定し、各フィルターのヴォリュームを上げる

 

(橙)Mix1とMix2の間にフェーダーを配置し、両方の音を聞く

このフェーダーの割合によって、Mix1のほうを大きくするか、Mix2のほうを大きくするか決まります。

まとめ

今回は以下3つのフィルター接続を紹介しました。

  1. フィルターを1個だけ使う接続
  2. フィルターを2個使い、両方を通らせる接続
  3. フィルターを2個使い、それぞれのフィルターを独立させる接続

基本は「1.フィルターを一個だけ使う接続」だけでたりことが多いです。

フェーダーをパラレルとシリアルの間にしたらどうなるか?

ちなみに、今回はどのフェーダーも完全にどちらか一方に振りきってしまいましたが、その間だとどうなるのでしょうか?結論からいうと、間の効果になります。

次の2つの例をみると、その効果がよくわかると思います。

音出ない

 

まず上記の例は、オシレータからはF1とF2に送っているものの、完全なシリアル接続になっています。フィルター1のカットオフを完全に絞っているため、Mix1の音量はゼロで、しかもフィルター1を通った音の音量がゼロですから当然フィルター2にも全くの無音が進みます。結果として上記のセッティングは音が全くでません。

オシレーターからフィルター2に送ったシグナルはどうなったのでしょう?フィルターの接続が完全なシリアルであるため、このシグナルはフィルター2が受け取ることができないため、完全に無視されることになります。結果として音がでないのです。

しかし、次の例を見てください。

音出る

この例はシリアルとパラレルの間の接続にしているので、音が出ます。先ほどの例との違いはたった一箇所、シリアルとパラレルの設定だけです。

先程は音がでなかったのに、なぜ今回は出るのでしょうか?

聞こえる音は、オシレーターからフィルター2に進み、そしてMix2に進んだ音です。

つまり先ほどシリアル接続であったために無視された、オシレーターからF2に送られたシグナルが、今回は「生きている」ために、音が聞こえるわけです。

少し複雑ですが、色々とセッティングをしてみることで、中間のパラメーターがどう動いているのか理解することができます。

ではまた次回!

次の記事はこちら「エンヴェロープ」

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 7 人中 6 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.