Logic Pro X 書き出しとバウンス


書き出し

スクリーンショット 2016-02-02 21.00.10

基本的に、完成した曲をファイルにするときに使う。

全てのトラックをオーディオファイルとして、を使えば曲を書き出せる。

その他の選択肢は、特定のトラック、リージョンだけを書き出すときに便利。

バウンス

プロジェクト内に書き出す。つまりそのまま現在の曲の素材として使いたいときに使用する。例えば、シンバルを書き出してリバースしたい、などというときに。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 3 人中 2 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.