《Logic Pro X で楽譜》譜表の変更・異名同音の設定・変化記号の調整


 

Logic Pro X はエンハーモニックの設定も簡単にできます

Logic Pro X はエンハーモニックの設定も簡単にできます

「トラックメイカーには音楽理論を」/「楽器奏者にはDTMを」というのが、本サイトからの提案です。

トラックメイカーはDAWを使ってDTMで自分のイメージを音にするスキルに長けています。その具現化させるスキルに加えて、コードやスケールといった知識があれば、より自由に創作活動ができると思います。

楽器奏者は、楽譜の読み書き、作曲のスキルを持っている方が多いです。さらに、そのスキルを具現化するためのDTMの技術があれば、より一層プロモーションをすることができるようになります。

ということで今回はどちらかというと、楽器奏者の方がDTMをする方法の解説です。Logic Pro X というDAWソフトを使って楽譜を作成するシリーズの1記事です。

手書きで楽譜を作成すると、修正や変更が非常に大変です。ピアノの先生や吹奏楽部の先生が、何パートも手書きで楽譜を書かれているのをよく見ますが、手書きではなくパソコンでおこなうと、非常に早く綺麗な楽譜が作成できます。オススメします。本シリーズを最初から読んでいただければ、簡単な楽譜はすぐに作成できます。ぜひご覧ください。

動画

異名同音とは

楽譜において「同じ音」をいくつかの「別の方法」で表すことができます。例えば「Gb」は「F#」と表すこともできますし、「E##」と表すこともできます。このように、同じ音であるが表記方法が異なる音を「異名同音=エンハーモニック」といいます。

Logic Pro X で楽譜を作成する際に、異名同音を自分の希望する変化記号 (♯,♭) をともなって表記させたいはずです。例えば打ち込んでみたら「F#」と表示されてしまったが、本当は「Gb」と表示させたい。こういった場合に今回の調整が必要になります。

 異名同音の設定

以下の手順になります。操作詳細は動画を御覧ください。

  1. 変化記号 (♯,♭) がついた音符をダブルクリック
  2. 異名同音タブをクリック
  3. 表示させたい変化記号を選択

変化記号の調整

変化記号のルールを再確認します。

  1. 一度ついた変化記号は、同小節内は有効。(例:Gにbを一度つけたら、同じ小節内にある他のGも、bの表記がないとしても、Gbとしてみなされます。)
  2. 変化記号はオクターブ違いの音には影響しない。(例えば真ん中のCに#をつけた場合、オクターブ上のCやオクターブ下のCには影響しません。)
  3. 一度変化記号をつけた音に、さらに同小節内で変化記号をつけても、効果が二重にかかるわけではありません。(例:Gにbをつけた後、さらに同小節内でGにbをつけた場合でも、これはあくまでGbです。もしGbbにしたい場合は、Gbbと表記しなくてはいけません。)
  4. 1と3に関係しますが、変化記号をつけた音が同小節内で再度現れる場合、明確に示すために、(b)とカッコ付き表記をしたり、再度「b」と表示してもよい。(つまり3つの選択肢があります。何もつけない、カッコ付きで示す、再度変化記号をつける、です。)
  5. スラーで小節をまたぐ場合、次の小節にも変化記号の効果が引き継がれる。

上記の4に関連した調整を行うことができます。以下の4つの選択肢があります。

  • 自動 一般的な楽譜の記述方式。
  • 強く 変化記号の効果がある場合は、すべてを表記します。
  • 隠す 変化記号を表示させません。
  • ガイド 変化記号の効果が与えられた音が二度以上現れる場合、カッコ付きで表示します。

私は「ガイド」をオススメします。楽譜を作成する側もチェックがしやすくなるからです。変化記号のつけ忘れ。よく起きますよね。それを防ぐことができます。

譜表の変更

動画の譜表は「大譜表」でスタートしています。大譜表とは2段になったもので、単譜表とは1段のものです。これを変更することができます。

大譜表-二段になっています

大譜表 – 二段になっています

単譜表 - 1段です。

単譜表 – 1段です

設定方法

  1. リージョンタブ
  2. スタイルを「高音部」に変更
  3. 他にもスタイルが用意されています。希望のものに変更できます。

まとめ

今回おこなった作業を確認します。

  1. 異名同音の表記方法を調節する
  2. 変化記号の表記方法を調節する
  3. 譜表のスタイルを調節する

以上です。

繰り返しになりますが手書きで楽譜を作成するよりも、Logic Pro Xを使って楽譜を作成したほうが、早く綺麗に作ることができるので、お勧めです。もちろん、楽譜作成の専用ソフトを使用する選択肢もあります。楽譜作成専用ソフトは、より詳細に設定をすることができます。しかし、まずは20,000円と非常に安価なLogic Pro X から気軽にスタートするのも良いと思います。

ではまた!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.