Proccesing こんちにはプロセシング [翻訳記事]


http://hello.processing.org/

Creative Commons License

この文章は Daniel Shiffman, Scott Garner 等による「http://hello.processing.org/editor/」を非公式に Neralt.com が翻訳したものです。原クレジットの詳細はhttp://hello.processing.org/about/を参照。


スクリーンショット 2016-03-13 20.57.08

動画もみながらどうぞ

Hi. How are you? My name is Dan. Welcome. If you’re here, which hopefully you are because you’re watching this video, you’re here to learn Programming. Hopefully you’re here to learn Programming for the very first time.

こんにちは!ダンです。ようこそ!こうしてきみがこの動画を見ているということは、プログラミングを学びたいということだよね?それもプログラミング自体が、全く初めてという人もいると思う。

This is going to be a tutorial. It’s designed for you to take about an hour to complete. There’s going to be lots of stuff happening in it. I’m going to talk. Hopefully not too much. I’m going to draw pictures and diagrams over here on this whiteboard. Sometimes this video is going to get a lot smaller and there’s going to be text below me, and things drawn to the left of me over here.

このビデオはそんな人のためのチュートリアルなんだ。全体として1時間で終わるように作られている。沢山の内容を紹介していくわけだけど、あまり沢山話しすぎないように気をつけなくちゃね。絵や図はこのホワイトボードに書いていくよ。また場合によっては、動画自体が小さくなり、テキストが私の下に出てきて、私の左側に色んな物が表示される。

We’re going to look at Programming in the context of the visual arts. What does it mean to write software to do the things that you often do with your hands, with paper, with pencil with paint? Could you use a computer to create drawings? To create animations? To create images? This is what we’re going to look at.

アートにおいてプログラミングというのは、どんなもなのだろう。いつもみんなが手や紙や、鉛筆や塗料を使ってやっていることを、ソフトウェアを使っておこなうというのは、どういう意味を持つんだろう。コンピューターを使って絵が描けるんだろうか?アニメーションは作れる?画像は作れる?まずは、そういったことについて考えてみよう。

So, before we get started with the actual nuts and bolts of learning to code, let’s take a moment to look at a range of projects — things that have been made in recent years with computer programming for the visual arts.

プログラミングを学習するための基礎を学ぶ前に、少し様々なプロジェクトをみてみることにしよう。ここ数年の間に作られた作品で、ビジュアル・アートのためのコンピュータープログラミング言語を用いているものだ。

This is Strata #3 by Quayola. Quayola is an artist working in London. This animation combines computer generated images with video of a cathedral in Rome to create a fantastic new reality. In his own words, he is investigating improbable relationships between contemporary digital aesthetics , and icons of classical art and architecture.

これは Quayola による「Strata #3 (層 番号3)」という作品。Quayola はロンドンで活躍する芸術家だ。このアニメーションはコンピューターによって生成されたイメージとローマの大聖堂の動画を混ぜあわせて、信じられないほど新しい形の迫真性を作り出しているね。彼の言葉を借りれば、現代的なデジタルアートの美的感覚と、古典芸術と古典建築の象徴との、ありそうもない関係性を探求したそうだ。

This is Oasis by Yunsil Heo. She is a media artist working in Seoul. Oasis is an interactive installation. By moving around the sand, small pools are created where new software creatures are born and live.

これはYunsil Heo の Oasis という作品だ。彼女はソウルで活動するメディアアーティスト。Oasis はインタラクティブ性をもったインスタレーションで、砂を動かすと小さな水たまりができて、その中にソフトウェアで作られた新しい生物が誕生する。そして動き出す。

This is Replica by Alex Vessels and Jeff Howard. Alex and Jeff are interactive artists and designers working in New York. Replica is an interactive dance performance that uses live image processing to explore how the awareness of time and captured images affect self-perception. It was projected onto a 120 foot video wall in New York.

これは Alex Vessels と Jeff Howard による Replica (複製) という作品だ。アレックスはインラクティヴ・アーティストで、ジェフはデザイナー。どちらもニューヨークで活動している。Replica はインタラクティブ性をもったダンス・パフォーマンスで、リアルタイムに処理され生成されるイメージを用いて、時間認識と記録された視覚情報がどのように自己認識に影響をあたえるのか、ということを探求している。作品はニューヨークで上演され、120フィート(36.5メートル) の動画を表示できる壁に映しだされた。

This is unnamed soundsculpture by Daniel Franke and Cedric Kiefer. Daniel and Cedric are media artists
working in Berlin. This animation is a moving sculpture created from the recorded motion data
of a live dancer.

この無題の音声彫刻作品は Daniel Franke と Cedric Kiefer によって作られた。彼らはベルリンで活動するメディア・アーティストだ。この映像作品は、その場で踊るダンサーの運動情報にもとづいて生成される。

These animation and installation projects are just one way that visual artists are working with code. More traditional design areas such as map design, brand identity, and logo design and illustration are transformed through designers writing their own code.

これらの映像作品やインスタレーションは、映像作家のプログラミングの用い方の一つでしかない。他にも伝統的なデザイン領域、例えば地図や、ブランドイメージ、ロゴのデザイン、イラストレーションなどが、作家自身がプログラミンをすることで作られ始めている。

This is the Dencity Map by Fathom Information Design. Fathom is a design studio in Boston. This map uses circles of different sizes and colors to visualize population density in a unique way. Larger, darker circles show areas with fewer people. While smaller brighter circles highlight crowded cities. By glancing at this map we quickly get a sense of how some cities and countries are more densely populated than others.

これは Fathom Information Design の「Dencity」という作品。Fathom はボストンにあるデザイン事務所だ。この地図は様々な大きさと色の円を用いて、人口密度を独自の方法で視覚化している。大きくて暗い色の円は、あまり人のいないエリアを表している。一方で、小さくて明るい円は、人口密度の高い都市を示している。この地図を見れば一瞬でどの都市や国が、他の場所よりも人口密度が高いのか、感覚的に理解できる。

This is the logo for the MIT Media Lab created by the Green Eyl. The Green Eyl is a studio based in Berlin. The identity system can be used in different ways and in many contexts including the lab’s website, business cards, and in any other media. It forms a beautiful identity that is  synonymous with the Media Lab’s approach to the ever changing nature of technology.

これはMIT Media labのロゴで Green Eyl がつくったもの。Green Eyl はベルリンを拠点としている企業だ。このMITのブランドを表すためのシステムは、様々な方法と状況 — 例えば研究所のウェブサイトや、名刺、その他多様なメディア — で使われる。この美しいシステムが作り出すデザインは、MIT メディア・ラボの「常に変化するテクノロジーへの取り組み方」を表したものだといえる。

In addition to the kind of work we’re looking at already, there’s sculpture, fashion design, architecture, products, jewelry, pottery, much much more. What does writing software have to do with these physical objects? Everything. It’s an area of exciting and emerging possibility. New technologies make it possible to print objects. For example, it is now possible to design a ring in software and print it in plastic or metal. Let’s look at three final examples before starting to learn how to code.

今まで見てきたような作品のほかにも、彫刻やファッション・デザイン、建築、工業製品、宝石、陶器、もっともっと様々な領域があるよね。こういった実際の物質を扱う領域と、プログラムを書くことは、関係があるんだろうか?大いにあるよ!今まさに新たな可能性が生まれつつある、熱い領域なんだ。新しい技術によって、物体を印刷できるようになった。例えば、指輪をソフトウェアでデザインして、それをプラスティックや金属で印刷することができる。では最後に、そういった3つの例をみていこう。

This is the D.dress software by Mary Huang. Mary is an entrepreneur and designer working in New York. D.dress is a program written by Mary that allows a user to sketch a dress and it automates the pattern creation. It re-imagines the classic little black dress by changing the relationships between manufacturing, the designer, and the wearer.

「D.dress software」は Mary Huang によって作られた。Mary はニューヨークで活躍する起業家でデザイナーだ。D.dress は Mary によって書かれたプログラムで、ユーザーはドレスのスケッチを書くことで自動的に服型のパターンを作ることができる。製造とデザイナーと着る人の関係性を変えることで、伝統的なシンプルで丈の短い黒のカクテルドレスを再解釈している。

The Textile Room was created by the architecture studio P-A-T-T-E-R-N-S, founded by Georgina Huljich and Marcelo Spina. Georgina and Marcelo are architects working in Los Angeles. The Textile Room is an experimental media space where carbon fiber textiles are augmented with a video colleague.

「Textile Room」はGeorgina Huljich と Marcelo Spina によって設立された設計事務所 P-A-T-T-E-R-N-S が制作したものだ。Georgina と Marcelo はロサンゼルスで活躍する建築家。「Textile Room」はカーボン・ファイバーを編んでできた空間で、映像を重ねあわせることで拡張がなされている。

This is Cell Cycle by Nervous System, a design studio founded by Jessica Rosenkrantz and Jesse Louis-Rosenberg. Jessica and Jesse are entrepreneurs and designers living in Boston. Cell Cycle is a program that allows people to design their own jewelry and then 3D print it.

Cell Cycle は Jessica Rosenkrantz と Jesse Louis-Rosenberg によって設立されたデザイン事務所の Nervous System がつくったものだ。 Jessica と Jesse はボストンに住む起業家でありデザイナーだ。Cell Cycle はユーザーが自分のジュエリーを自分自身でデザインし3Dプリントすることを可能にした。

All of these projects we just looked at are created with a software environment called Processing. Processing is a way to program invented by artists and designers to be used by artists and designers. Processing is for making visual media. It focuses on writing programs to draw create animation, and to build interactive experiences like video games.

今まで見てきたプロジェクトはすべて、Processing と呼ばれるソフトウェアをベースに作られているんだ。Processing はプログラムを始めるための入り口として、アーティストやデザイナーによって開発され、そしてアーティストやデザイナーが使うために作られている。Processing は視覚芸術を作るためにある。プログラムを書いて、アニメーションを作ったり、テレビゲームのようなインタラクティブ性のある体験を作りだすことに特化している。

Hopefully you’re going to have a good experience learning to program and I’m already having fun just talking to you even though I don’t really know who you are yet cause you’re not here. There’s a camera there. Okay. I’ll talk to you later. Bye.

プログラムを学ぶことを楽しんでもらえると思うんだけど、私は既にみなさんにお話するだけで楽しい気持ちになりました。みなさんがどういった方たちなのかは、わかりませんが。というのはこのスタジオにみなさんはいないので。私の向こう側にはカメラがありますね。オーケー。ではまたのちほどお話したいと思います。ではでは。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

2 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.