優しい音楽理論


 音程【インターバル】と三和音【トライアド】が理解できるテキストを公開《拙著音楽理論のテキストより》

↑ 販売中のテキストから、基礎的な項目だけを抜粋した無料のサンプル版です。メールアドレス登録メンバー「限定ページ」にて配布しています。音楽理論に興味のある方は、このテキストを側においてブログ記事をお読みいただきますと、一層理解が深まります。是非ご覧ください。

【購入はこちら】

Music Theory Workshop Japan

0.楽典/読譜

0.1 音程
「新しい和声」のカンニングシート 

1.和音/コード/Chord

1.1 何のことだろう?
1.2 つなげると音楽がはじまる
1.3 どれくらい深い海か
1.4 ダイアトニックコード
1.5 シンプルな和音を豊かに響かせる方法「DROP 2」と「RAISE 2」

 楽曲分析

その他のコードの記事

2.音階/スケール/Scale

2.1 音階/スケール/Scaleとは何か?
2.2

その他スケールに関する記事

3.調性/キー

その他キーに関する記事

4.リズム(拙著フィンガードラムの教則本から抜粋)

3.1 GROOVEとは一体何なのか?
3.2 リズムを分析するとはどういうことか 

5.音色

6.動画による音楽教材作成

6.1 映像編集素人のミュージシャンがiMovieで動画音楽教材を作る方法 基礎編
6.2 映像編集素人のミュージシャンがiMovieで音楽教材を作る方法 応用編
動画でコード進行や音楽理論を説明するための準備をしています。

7.エセー

8.メモ

9.ドビュッシー研究

10.NEWS

11.ネオリーマンセオリー

12.用語集

13.鍵盤演奏

14.ライム

音楽理論とは?

https://en.wikipedia.org/wiki/Music_theory

音楽理論は、音楽の慣習と可能性を研究する学問です。一般的にいって音楽理論は、音楽家や作曲家がどのような方法で音楽を作っているかを観察し、それに基づいた仮説を立てることによって導き出されます。また音楽理論という用語は、音楽の基本的な要素の学術研究と分析についても用いられます。音楽の基本的な要素というのは例えば、ピッチやリズム、ハーモニー、形式、それから音楽に付随する説明や概念、考え、といったものです。しかし音楽の概念は拡張し続けているために、より包括的な音楽理論の定義として「無音をも含むあらゆる音響現象の考察」ということもできます。

主にアメリカ合衆国で使われている教科書においては、たいてい音楽領域の音響学、記譜法に関する考察、(主として、トーナルな和声と対位法を用いた)作曲、などが含まれます。

音楽理論は、音楽学の一部であり、音楽学自身も芸術と人文科学の一部領域です。語源的には理論  theory はギリシャ語の「θεωρία(テオリア)」に由来し、見る、眺める、熟考する、推測する、理論、視力、光景などを意味します。ですから音楽理論は音楽に関する抽象的な側面、例えば調律、調性の体系、音階、協和と不協和、リズムの関係性を扱います。また音楽理論は実践的な側面も多く扱います。例えば創作、演奏、オーケストレーション、装飾、即興、電子音楽の制作なども含まれます。分析の手法には数学や、図形的分析なども使われますが、とりわけ西洋に記譜法に基づく分析がメインです。また比較、分類、統計、その他の手法も使われます。

音楽理論の発展、維持、及び伝達は様々な側面、口伝文化や、音楽創作の伝統、楽器、その他工芸品の中に見ることができます。例えば古代メソポタミア、古代中国、その他世界中の先史時代の遺跡から見つかった楽器を見ると、彼らがどのような音楽を作っていたのか、また彼らがどのような音楽理論にもとづいていた可能性があるのかがわかります。世界中の古代と現代の両文化には、共通する音楽理論の根ともいうべきものが存在します。それは楽器、口伝文化、現在の音楽制作の中に明確に現れています。多くの文化は―少なくとも古代メソポタミアから古代中国にまで遡ることができます―形式だった音楽理論を持っており、記録された書物、記譜法を持っています。

音楽理論の歴史

有史以前

現存する先史時代の楽器、工芸品、それから挿絵などに書かれた演奏に関する記述が、初期の音楽に関する洞察を与えてくれます。また、先史時代の音楽理論を暗に示してさえくれます。参照:旧石器時代のフルートGǔdí

古代

メソポタミア

参照:メソポタミアの音楽

シュメール語とアッカド語が記されたタブレットには音楽的な情報が含まれており、主にインターバルとチューニングの一覧表が記されていた。特に3つのタブレットが有名だが、最初のものはフィラデルフィアタブレット(CBS 10996/訳注:恐らくフィラデルフィア博物館の管理番号)として知られている。2つめのものは大英博物館に保存されている。(U.3011) 3つめのものはベルリン博物館に保存されている。(KAR 158) これらは5音音階(あるいは7音音階の可能性もある)に含まれるインターバルに名前をつけている。もうひつのウルで発見されたタブレット(大英博物館 U.70〜80)には、7弦からなるハープのためのチューニング法に、使用されているインターバルを列挙している。恐らくこれはサイクルオブヒフス(5度音程の連続)によって作られた。これは学術用語によって記されており、数学的な説明がなされている。

China[edit]
See also Music of China; Chinese musicology

Much about Chinese music history and theory remains unclear.[7]

The earliest texts about Chinese music theory are inscribed on the stone and bronze bells excavated in 1978 from the tomb of Marquis Yi (died 433 BCE) of the Zeng state. They include more than 2800 words describing theories and practices of music pitches of the time. The bells produce two intertwined pentatonic scales three tones apart, with additional pitches completing the chromatic scale.[8]

Chinese theory starts from numbers, the main musical numbers being twelve, five and eight. Twelve refers to the number of pitches on which the scales can be constructed. The Lüshi chunqiu from about 239 BCE recalls the legend of Ling Lun. On order of the Yellow Emperor, Ling Lun collected twelve bamboo lengths with thick and even nodes. Blowing on one of these like a pipe, he found its sound agreeable and named it huangzhong, the “Yellow Bell.” He then heard phoenixes singing. The male and female phoenix each sang six tones. Ling Lun cut his bamboo pipes to match the pitches of the phoenixes, producing twelve pitch pipes in two sets: six from the male phoenix and six from the female: these were called the lülü or later the shierlü.[9]

The lülü formed the ritual scale to which many instruments were tuned. The name of the lowest sound, huangzhong also implyed ‘musical correctness.’ Its pitch formed a pitch standard, setting the base pitch of zithers, flutes and singers of imperial court orchestras. Straight-walled pitch pipes without finger holes were made of cast metal, their lengths specified by court regulations.[10] The resulting chromatic scale provided twelve fundamental notes for the construction of the musical scales themselves. The lülü also has a cosmological value: its notes describe the energetic frequency of the twelve months of the year, the daily rhythm of the twelve bi-hours of the Chinese clock, the twelve main acupuncture meridians, etc.[11]

The two sets of tones (male and female) dividing the twelve-tone scale were generated by the “Method of Subtracting and Adding Thirds,” or sanfen sunyi, which involved alternately rising a fifth and descending a fourth through the subtraction or addition of a third of the length of the preceding pitch pipe. The resulting pitches produced by adding a third (and descending a fourth) were referred to by Sima Qian in the Records of the Grand Historian (91 BCE) as pitches of “superior generation,” that is, the pitches of Ling Lun’s male phoenix; the pitches produced by subtracting a third (and ascending a fifth) were referred to as pitches of “inferior generation,” that is, the pitches of Ling Lun’s female phoenix.[9]

“Apart from technical and structural aspects, ancient Chinese music theory also discusses topics such as the nature and functions of music. The Yueji (“Record of music”, c1st and 2nd centuries BCE), for example, manifests Confucian moral theories of understanding music in its social context. Studied and implemented by Confucian scholar-officials […], these theories helped form a musical Confucianism that overshadowed but did not erase rival approaches. These include the assertion of Mozi (c468–c376 BCE) that music wasted human and material resources, and Laozi’s claim that the greatest music had no sounds. […] Even the music of the qin zither, a genre closely affiliated with Confucian scholar-officials, includes many works with Daoist references, such as Tianfeng huanpei (“Heavenly Breeze and Sounds of Jade Pendants”).”[12]

India[edit]
The Samaveda and Yajurveda (c. 1200-1000 BCE) are among the earliest testimonies of Indian music, but they contain no theory properly speaking. The Natya Shastra, written between 200 BCE to 200 CE, discusses intervals (Śrutis), scales (Grāmas), consonances and dissonances, classes of melodic structure (Mūrchanās, modes?), melodic types (Jātis), instruments, etc.[13]

Greece[edit]
See also Musical system of ancient Greece; List of music theorists#Antiquity

Early preserved Greek writings on music theory include two types of works:[14]

technical manuals describing the Greek musical system including notation, scales, consonance and dissonance, rhythm, and types of musical compositions
treatises on the way in which music reveals universal patterns of order leading to the highest levels of knowledge and understanding.
Several names of theorists are known before these works, including Pythagoras (c. 570 – c. 495 BCE), Philolaus (c. 470 – c. 385 BCE), Archytas (428–347 BCE), and others.

Works of the first type (technical manuals) include

Anonymous (erroneously attributed to Euclid) Division of the Canon, Κατατομή κανόνος, 4th-3d century BCE.[15]
Theon of Smyrna, On Mathematics Useful for the Understanding of Plato, Τωv κατά τό μαθηματικόν χρησίμων είς τήν Πλάτωνος άνάγνωσις, 115-140 CE.
Nicomachus of Gerasa, Manual of Harmonics, Άρμονικόν έγχειρίδιον, 100-150 CE
Cleonides, Introduction to Harmonics, Είσαγωγή άρμονική, 2nd century CE.
Gaudentius, Harmonic Introduction, Άρμονική είσαγωγή, 3d or 4th century CE.
Bacchius Geron, Introduction to the Art of Music, Είσαγωγή τέχνης μουσικής, 4th century CE or later.
Alypius, Introduction to Music, Είσαγωγή μουσική, 4th-5th century CE.
More philosophical treatises of the second type include

Aristoxenus, Harmonic Elements, Άρμονικά στοιχεία, 375/360-after 320 BCE.
Aristoxenus, Rhythmic Elements, Ρυθμικά στοιχεία.
Claudius Ptolemy, Harmonics, Άρμονικά, 127-148 CE.
Porphyrius, On Ptolemy’s Harmonics, Είς τά άρμονικά Πτολεμαίον ύπόμνημα, 232/3-c. 305 CE.


4 comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.