Effect ベーシック


Fig. 8‑1

image093

Fig. 8‑1の赤い枠内には「1」と「2」のボタンがあります。「1」を押すとFX1に、「2」を押すとFX2に送られます。

緑色の枠を見てください。FX1とFX2があります。決してFX1は左のデッキ用、FX2が右のデッキ用ということではありません。FX1とFX2の2つの独立したエフェクターがあります。

実際の設定

まずは実際に設定して使ってみましょう。

Fig. 8‑2

image095

「1」をクリックすると、エフェクトのモードが変更できます。

Fig. 8‑3

image097

Groupモード、Post Faderモードに設定してください。

Fig. 8‑4

image099

次にFig. 8‑4のように設定してください。Group Effectの1つめをReverbにし、残りのエフェクトはNo Effectにしてください。

Fig. 8‑5

image101

次にFig. 8‑5のように、mixer左のFXスイッチの「1」をONにしてください。こうすると、左側のDeckが「FX1」に送られます。

Fig. 8‑6

image103

Fig. 8‑6のセクションを操作し、エフェクトをコントロールします。このセクションのボタン1を押すと、コントローラーのボタンに色が付き、エフェクト画面内のREVERB下のランプも点灯します。(Fig. 8‑7)

Fig. 8‑7

image105

リヴァーブがかかっています。次にFig. 8‑6のノブ1を右に回しましょう。するとリヴァーブのルームサイズがどんどん大きくなっていきます。ノブ1を右に回しきったら、さらにDRY/WETノブも右に回しきりましょう。(一番左側にあるノブです。) するとさらにエフェクトの効果が強く感じられます。

最期に、十分エフェクトをかけたと感じた後に、Fig. 8‑6のボタン1を押して、REVERBをOFFにしましょう。するとリヴァーブの残響音が適度に残り、その残響音が消えていきます。そして消えた後にはリヴァーブは全くかかっていません。

詳細

Fig. 8‑8

image107

Fig. 8‑8のボタンは、そのトラックを、FX1もしくはFX2に送るか、送らないかを設定します。

Fig. 8‑9

image109

 

image111

Fig. 8‑9のように、PC側のTRAKTORとS2コントローラーは配置が完全に対応しています。ですからREVERBをONにしたければ、4つ並んだスイッチのうち、左から2つめのスイッチを押せばいいのです。

Fig. 8‑10

image113

Fig. 8‑10のようにシングルモードの場合、REVERBの下のボタンをONにしてはじめてREVERBがかかります。これがONになっていなければ、他のノブを動かしても、全くエフェクトはかかりません。

REVERBのツマミは、ROOM SIZEの大きさを変更します。これはエフェクト毎にパラメーターが違います。例えばDelayの場合は、フィードバックのパラメーターをコントロールすることになります。

D/W = DRY/WETノブは、「エフェクトのかかっていない音の量=DRY」と「エフェクトのかかった音の量=WET」のバランスを調整します。Fig. 8‑11の場合、全くエフェクトがかかった音が含まれませんので、リヴァーブの効果は聞き取れません。Fig. 8‑12の場合、エフェクトがかかった音だけになります。

Fig. 8‑11

image115

Fig. 8‑12

image117

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.