ドビュッシーが使用する5度が下降した和音



ドビュッシー 前奏曲集 第1巻 全曲研究 別宮貞雄/著

上記の書籍を勉強しています。ドビュッシーの和声は明らかにジャズに影響を与えています。そしてジャズは各種ポピュラーミュージックに影響を与えているのですから、現代の私たちも間接的にドビュッシーの影響を受けているといえます。ですからそのルーツを知ることで、何か発見があるのではないか、と思っています。各種用語は書籍の中ではクラシックベースのものですが、私達にはわかりにくいのでジャズ用のものに変換しています。


 

5度音の変質

 

5度がフラットするコード

5度がフラットするコード

 

 

通常コードの5度音は、完全5度  (P5) であるが、変化 (オルタード) させることができる。今回は5度音がフラットするパターンを取り上げる。これはドビュッシー特有ではなく、一般的に使われる和音である。

クラシックにおいては基本的に、5度がフラットする場合、5度が最低音に配置され、かつdominant 7th コードか、もしくはdominant 7th b9 の形で現れる。つまり単なるトライアド(譜例では第一のもの)の5度がフラットすることはほとんどない。

そのため以下のように進行する。(2つめのコードBbはなくてもいい)


 

C7b5はダブルドミナントと考えられる

C7b5はダブルドミナントと考えられる

 

つまりBbをⅠと考えると、C7b5はⅡ7b5であるので、C7b5はダブルドミナントであると考えられる。


 

b5/b9のドミナントコードはマイナーキーと関連している

b5/b9のドミナントコードはマイナーキーと関連している

またこのDominant 7th/b5/b9 タイプのコードはマイナーキーと関連しており、Ⅰmに解決する。


 

 ドビュッシーが使用する5度下降和音

ドビュッシーが使用する5度下降和音は以下のものである。しかも解決を必要としない。安定した和音として使用される。

ドビュッシーが利用する和音

ドビュッシーが利用する和音


 

ドビュッシーが使用する5度下降和音の特徴

まずドビュッシーが使わない方の以下の和音に注目して欲しい。このコードは、「F#7」と考えることができる。つまりBメジャーキーのドミナントコードだ。これは日本のジャズ用語的には裏コードと呼ばれるコードに対応する。このコードはBメジャーキーに所属すると考えることができる。

Bメジャーキーのドミナントコード「F#7」と全く同じ構成音

Bメジャーキーのドミナントコード「F#7」と全く同じ構成音


 

しかしドビュッシーが使用する方のコードは、どのキーにも所属しない。本質的な変化和音だと考えることができる。つまり、キーが不明確だ。本質的にどのキーにも所属しない和音である。

このコードはどのキーにも対応しない

このコードはどのキーにも対応しない


感想

ジャズでよく使用されるコードのうち、今回のコードに似ているもの(右)

ジャズでよく使用されるコードのうち、今回のコードに似ているもの(右)

 

上記のコードのうち右のものはジャズでよく使われるボイシングです。今回取り上げたドビュッシーの和音(左)と非常に似ています。違いは、ドビュッシーの和音(左)では「E」が使われていますが、ジャズのボイシング(右)では「F」が使われている点です。

(右)はリディアンを示唆するボイシングで、主にⅣ度上で使用されます。b5は正確には#11と記されるべきテンションです。

(左)の和音と(右)の和音に、サウンド的な近さを私は感じます。右の和音には、印象派的な印象を感じていましたが、その理由が今回勉強してみて明確になりました。つまりドビュッシーが使っているサウンドに近いんですね。なるほど。

今回は少し難しい内容なので、勉強を始めたばかりの方が理解することはできないと思いますが、なんとなく楽譜をみて演奏してみると、面白いサウンドがするので楽しいと思います。

ではまた!

 

 

 

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 11 人中 8 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.