DTMをするためにオススメのDAW 3つ


DTM/作曲をするためには、まずDAWが必要です。私が使った経験のあるソフトの中から、オススメのDAWを特徴と共に紹介します。
(あくまで私が使用したことがあるソフトに限っています。他のソフトよりも優れているとか、紹介していないソフトがダメということではないので、その点ご了承ください。)

オススメのDAW 3つ

  1. Steinberg Cubase 
  2. Ableton Live 
  3. Native Instruments Maschine 

CUBASE

LIVE

MASCHINE

 

 

 

 

ではまず用途別のオススメです。

 

 

用途別、オススメのDAW

「用途」によってオススメなDAWは以下のようになります。

おすすめのDAWの表

Cubase,Live,Maschine オススメのDAWを用途別に

 

 

Steinberg 『Cubase』

Cubaseは伝統的な作曲方法に向いています。つまり以下のような様式です。

  1. 楽譜を書いて作曲する→クラシック、映画音楽、ジャズ
  2. Vocal、ギター、ベースなどを録音しながら作曲していく→バンド、歌もの
  3. デモの楽譜をメンバーに楽譜を渡す場合→クラシック、バンド、ジャズ

では各項目について説明します。

1.楽譜を書いて作曲する

この3つの中で、楽譜を書いて作曲できるのはCubaseのみです。クラシック、映画音楽、ジャズの作曲は大抵楽譜を使っておこなう人が多いので、Cubaseをオススメします。(ただし最上位版のみ)

バットマン・ダークナイトやパイレーツ・オブ・カリビアンの音楽を担当している映画音楽家ハンス・ジマーもCubaseユーザーのようです。ハリウッドで活躍したい人はCubaseですね!

melody not key C

Cubaseでつくった楽譜

 

Cubaseで作曲すれば上記のような楽譜がスムーズ作成できます。比較的綺麗で、実用的には全く問題がないレベルです。レイアウトも自由に修正ができます。またコードを自動的に判別し、表示される機能もありますので、打ち込んでしまえばコード譜が半自動的に作成できるのが便利です。

ちなみに私の音楽理論の本に登場する楽譜は、全てCubaseで作っています。

2.Vocal、ギター、ベースなどを録音しながら作曲していく

Cubaseは録音 = レコーディングを想定した機能が充実しています。こういった機能は地味ですが、録音するときに非常に便利です。

  • ドラマーだけにクリックを聞かせる。
  • ギターにはギターの音を大きく、ベーシストにはベースの音を大きく返す。
  • 何回も録音して、うまく出来た場所だけをつなげてOKテイクを作る。

また録音したデータを編集する機能も充実しています。

  • 音程を直す。
  • タイミングを直す。

3.デモの楽譜をメンバーに楽譜を渡す場合

デモをDTMで作った後、それをそのまま楽譜に変換できますので、非常に便利です。楽譜専用ソフトで作り直す手間が省けます。

バンドメンバーのうち作曲した人は曲を理解しているけど、それ以外のメンバーは耳コピしなくてはいけないので、大変。そんなことありませんか?Cubaseなら、制作した楽曲の楽譜がそのまま作れるので、メンバーも楽が出来ます。

 

 

Ableton 『Live』

Liveはクラブミュージック、ループミュージックの作曲に向いています。つまり以下のような様式です。

  1. ドラムやコードといった「ループファイル」を重ねて曲を作る場合→テクノ、ハウス、ヒップホップ
  2. ループファイルのピッチを上げたり、エフェクトをかけたりして加工する→同上
  3. 加えて、リアルタイムに操作を加えることが出来るので→ライブに向いている。

1.ドラムやコードといった「ループファイル」を重ねて曲を作る場合

クラブミュージックにおいては、テンポやキーの異なるループファイルを、複数重ね合わせて作曲する方法が定番です。この際にLiveの以下の機能が便利です。

  • 異なるテンポのファイルを、自動的に同じテンポにあわせる。
  • 異なるキーのファイルを、手動で調整して合わせる。
  • ループの始まりと終わりを、少ない手順で設定する。

Cubaseにもこういった機能はついてはいますが、Liveのほうが圧倒的に早く設定できます。この点がクラブミュージックのトラックメーカーに愛用される理由です。

2.ループファイルのピッチを上げたり、エフェクトをかけたりして加工する

ループベースで作曲をする場合、ループファイル選択のセンスに加えて、ループファイルにどのような処理をほどこすか、ということが大事になります。Liveはループに対して以下の操作を加えることが非常に簡単にできます。

  • ピッチを変更する
  • エフェクトをかける
  • ループの一部分だけをとりだす
  • ループを等分し、組み替える

この操作はもちろんどんなDAWでもできますが、簡単に早くできる、というのがLiveの特徴です。

3.リアルタイムに操作を加えライブをする

Liveはその名の通り、ライブに向いています。つまり以下のような機能があります。

  • リアルタイムに曲の展開を変更する
  • リアルタイムに曲にエフェクトをかける
  • リアルタイムで録音して、それをすぐにトラックで使用する

ライブに関してはLiveは圧倒的な強さを誇っています。ほとんどのミュージシャンがライブでLiveを使用しています。

 

 

Native Instruments 『Maschine』

これが一番私が好きなソフトです。まずは以下の動画をみてください。楽しさが伝わると思います。

彼のように演奏するには相当量の練習が必要ですが、シンプルな内容であれば、誰でもすぐにでも演奏できます。やり方が分からないという人は、私の本を買ってください!

楽器のように演奏しながら、どんどんビートを重ねて行くことができるのが、Maschineの特徴です。AKAIのMPC2000XLなどに慣れている人なら、これが一番いいと思います。MPC2000XLやMPC1000よりもファイルの管理が簡単で、ディスプレイも大きいので制作のストレスがありません。

トラックをつくろうと思わなくても、叩いているうちに自然とトラックが出来上がるのがMaschineの良さです!

 

 

まとめ

ではまとめとして、最初の図をご覧ください。 おすすめのDAWの表

結局「一番よいDAW」というのはありません。自分の用途に合わせて、最適なDAWを選ぶのが一番です。

ではまた!!!

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.