CUE基礎


Cueは、予めトラックに目印をつけておいて、その目印にワープすることができる機能です。

Fig. 9‑1

image119

Fig. 9‑1には1〜4の旗が立っていますね。これが予め設定したCueです。

Fig. 9‑2

image121

Fig. 9‑2の青い枠で囲まれたボタンがCueボタンです。1を押せば1のCueに移動し、2を押せば2のCueに移動します。

いつ使うか

  1. 曲の先頭にCueを設定し、頭出しをする際に使用する。
  2. 曲の展開が変化する箇所にCueを配置し、次に何が起きるか把握しやすくする。例えば、イントロが終わってヴォーカルが入ってくる箇所、ドラムが抜けブレイクに入る箇所、またブレイクが終了しドラムが入ってくる箇所にCueを配置し、目印とする。
  3. キック、スネア、エフェクトなどがなる箇所にCueを配置し、フィンガードラミングのように演奏する。(これは少し高度なテクニック)

Cueの設定

Fig. 9‑2のCueボタンが点灯していないものが、空いているものです。空いているCueボタンを押すと、現在の再生位置にCueが設定されます。

削除

削除をするには「Shift + Cueボタン」です。

この際に、SnapをONにした方がよい

Fig. 9‑3のようにSnapをONにすると、マーカーが、ビートの上にきっちり配置されます。(ただし、Gridがしっかり設定されている必要がある。) このモードになっていない場合には、ずれたところでマーカーを打とうとすると、そのままずれた場所にマーカーが設置されてしまします。つまり、ビート上ではない箇所にマーカーを配置したい場合にはSnapをOFFにしてください。

Fig. 9‑3

image123

ループマーカーと通常のマーカー

Fig. 9‑4

image125

重要なマーカーとして「通常のCueマーカー」と「ループCueマーカー」があります。通常のCueマーカーは、S2のボタンが青く光ります。ループCueマーカーは、S2のボタンが緑色に光ります。

通常のCueマーカーを設定する方法は、先ほど説明したように、単に空いているCueボタンを押すだけですが、ループマーカーは少し変わった方法で設定します。

ループマーカーCueの設定

  1. キューを設定する前に、ループをまず設定する。
  2. ループが設定された状態でキューを打つ。
  3. すると、ループキューが設定される(緑になる)
  4. ループキューを使うと、移動すると同時に、ループに入った状態になる。

その他のCueマーカー

色によってマーカーの種類が示されています。

Fig. 9‑5

image127

  1. 白 Grid / グリッドマーカーです。
  2. 緑 Loop / Cueに移動し、ループがスタートします。
  3. 黄 Load / ロードした際に、このマーカーの位置に再生位置が配置されます。
  4. 青 Cue / 一般的なキューです。

種類は、Fig. 9‑6をクリックして変更することができます。

Fig. 9‑6

image129

Fig. 9‑7

image131

なおS2のCueボタンの色は、緑=ループキュー、青=ループキュー以外のキューとなっており、ループキュー以外は色で識別することはできません。

BeatグリッドをCueに設定されたくない時

Fig. 9‑8

image133

初期設定では、Beatグリッドが自動的にCueに追加されてしまいます。するとすぐにCueボタンが埋まってしまいます。ですので、Fig. 9‑8でStore Beatmarker as Hot CueをOFFにすることをおすすめします。このように設定すると、GridマーカーはCueマーカーと独立し、Cueボタンが埋まることがなくなります。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.