Asia Culture Centerが新しいレジデンス・アーティストを募集


Asia Culture Centerが新しいレジデンス・アーティストを募集を開始した。このプロジェクトは大きく3つの領域からなり、かつ各領域のアーティストが交流をすることで、学際的=領域横断的な作品作りを行う。アジアで活動する人間であれば誰でも申し込むことができる。

次の3つの領域がある

  1. Mixed Reality(VR)
  2. Kinetic Media(レーザー、照明、ロボット工学、プロジェクションマッピング)
  3. Media Surface(大型のディスプレイなどを使用して、建築物の表面等で展開するメディア)

本プロジェクトは、文化、芸術、科学、技術等の異なる領域の交流を通じて、新たな創造のための持続的発展可能なプラットフォームを作ることである。

日本はアジアの文化的先端にいると思っていたが、こういった公募をみると、残念ながら完全に置いて行かれているのだなと感じました。日本にいつまでもいてもダメかも…なんて思っていましました。

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.