Ableton Live をホストにした際、MaschineコントローラーでLiveを再生・停止する方法


Maschineは、スタンドアローン、つまりMaschine単体で使用するのが第一の方法ですが、第二の方法としてAbleton Live や Logic といった各種DAWをホストアプリケーションとし、その下でVSTiとして動かすこともできます。

しかしその場合には、ホストDAWの下で動くので、Maschineの再生、停止、といったボタンが効かなくなります。これは不便です。Maschineの良さは、手元でほとんどの操作ができることですから、それが失われてしまうわけです。

ということで今回は、それに対処し、Maschineコントローラーのボタンを使って、再生・停止・録音を行ってみます。

マニュアルには以下のように書いてあるけれど、これではできない気がする…

マニュアルには以下のように書いてありますが、これを実行してもできませんでした (少なくとも私には…)

プラグインモードでホストのトランスポート機能を制御する。

MASCHINE をホスト内でプラグインモードで使用する際、Host Transport Control 機能でコントローラー による制御先を分けることができます。

▪ REC、SHIFT、GRID コントロール以外の TRANSPORT セクションの全ボタンは MIDI を介してホスト アプリケーションをコントロールすることができます。

▪ その他のコントロール部は MASCHINE プラグインインスタンスをコントロールします。 これでホストと MASCHINE プロジェクトのトランスポート機能を同時にコントロールすることが可能とな ります。
Host Transport Control は Controller Editor で MIDI Template をロードすることで起動することがで きます。 ホストで MASCHINE プラグインをロードする場合は以下を行ってください。

  1. Controller Editor を起動します。
  2. Controller Editor ウインドウの左上隅の Device (デバイス)メニューで使用しているコントローラーを選択し、MASCHINE STUDIO コントローラーの MIDI アサインを編集します。
  3. 右の Templates ページで任意の MIDI Template をクリックしてロードします。
  4. Template List の下の Host Transport Control オプションをクリックして起動、起動解除します。

MASCHINE – オペレーション マニュアル – 55

これで TRANSPORT セクションのボタン (REC、SHIFT、GRID 以外) が Controller Editor の Template の設定による MIDI を送信、その他全てのコントロール部では MASCHINE プラグインを制御します

そこで改善

まずはコントロールエディターを使って設定するまではだいたい同じです。

  1. Controller Editor を起動します。
  2. Controller Editor ウインドウの左上隅の Device (デバイス)メニューで使用しているコントローラーを選択し、MASCHINE STUDIO コントローラーの MIDI アサインを編集します。(ようは自分が使っているコントローラーを選んでやるだけです。)
  3. 右の Templates ページで任意の MIDI Template をクリックしてロードします。(ここでAbleton Live もしくはAbleton Live9を選んでください。どちらでもかまいません。)
  4. Template List の下の Host Transport Control オプションをクリックして起動、起動解除します。

こうすると、トランスポートの一部分が緑色で囲まれます。この部分だけがMIDIコントロールをライブ側に送り、そしてそれ意外の囲まれていない部分は、Maschine内部だけをコントロールしてくれます。

スクリーンショット 2015-07-23 1.31.12

次に、この緑色で囲まれている部分の設定をしていきます。

スクリーンショット 2015-07-23 1.33.20

スクリーンショット 2015-07-23 1.33.33

まず、ボタンを一個クリックして選択します。

  1. 次に右上のウィンドウからアサインを選択。
  2. 上の写真のように、Modeをトリガーにしてください。
  3. (これがトグルになっていると、押すとき・離すときの二回メッセージが出てしまい都合が悪いのです。)
  4. CCのナンバーはなんでも構いません。(信号を受けるAbletonの側で設定します。)

Maschineコントローラーの設定終了

これでMaschine側の設定ができました。これでAbleton Live上でMaschineを立ち上げると、緑の枠内のボタンは、先ほど設定したMIDI CC をAbletonに送り、それ以外のボタンはMaschineをコントロールできるようになりました。

次は、Maschineコントローラーが吐くCCを受けるAbleton Live側の設定です。

Ableton Liveの設定

スクリーンショット 2015-07-23 1.44.13

まずは、上記の画像のMIDIと青く色が付いている場所をクリックして、上記と同じ画像の状態にしてください。これによって、MIDI CC をアサインすることが出来るモードに入ります。

スクリーンショット 2015-07-23 1.44.08

次に、この状態のまま、Abletonの再生・停止・録音ボタンのどれか一つをクリックして、その後にMaschineコントローラーの緑枠内のボタンのうち、自分が好きなボタンを押してください。

スクリーンショット 2015-07-23 1.33.20

すると、押したMaschineのボタンが、Abletonの選択したボタンのために割り振られました。

これを何回か繰り返して、いい感じに設定してください。

ちなみに私のMaschineの設定は…

以下のようにしてみました。

Maschine Ableton Live
PLAY 再生
ERACE 停止
RESTART 録音

なぜ録音も割り当てたかというと、こうすることでAbleton側の「プリカウント」や「メトロノーム」といった機能を起動できるからです。MaschineをVSTiとして使う場合には、Maschine側のプリカウント機能が起動しないので(設定で可能かもしれませんが)、プリカウントをLive側でしてあげる必要があります。

Liveのテンプレートとして保存する

スクリーンショット 2015-07-23 2.00.44

最後に今Abletonに設定したものをテンプレートに保存して、毎回設定しなおさなくても良いようにしましょう。

今回のまとめ

今回の設定は、単にMaschineコントローラーの一部をMIDI CCを吐くように設定し、そのMIDI CCをAbleton Live側で受けるようにした、というだけです。しかしこれが一番カンタンで、かつ効率的でお勧めです。

他にも下記の写真のような場所で、より連携のとれたコントローラーにもできるようなのですが、私が挑戦してみた感じだと、これはあくまで「Liveをより上手くコントロールする」ための機能であって、MaschineをほとんどLiveの専用コントローラーのように扱うものでした。ですから、MaschineはMaschineとして独立して使いたい方には、あまり向いていないのではないかと思います。あと、設定が少し難しいです笑 試してみたい方は、Abletonの日本語サイトに情報があります。

スクリーンショット 2015-07-23 1.59.51

スクリーンショット 2015-07-23 1.59.51 スクリーンショット 2015-07-23 2.00.13

 

ではまた!

追記

理屈はわからないんですが、これでもいいらしいです。うーん、奥が深すぎて、よくわからないですね、コントローラーの設定…

https://www.youtube.com/watch?v=KQiDlCzWGuQ&list=PLWoOF23viz-f9oB0-8dA5vjauSzYfeXKF&index=4

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 1 人中 1 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.