シェーンベルク和声 謝辞


ACKNOWLEDGEMENT

謝辞

I HAD been constantly dissatisfied with the knowledge of harmony of my students of composition at the University of California, Los Angeles. To remedy this shortcoming I instituted a new class to which the conventional harmony teaching should be the prerequisite: STRUCTURAL FUNCTIONS OF HARMONY. At this time (1939) a young former student of mine, Leonard Stein, had already become my assistant and remained in this capacity for the next three years. Thus naturally when I started to write the present book I could not select one better to help me express my ideas. He had observed the development of these ideas from the very beginning and had watched me struggling with their formulation.

私は、カルフォルニア大学ロサンゼルス校の生徒のハーモニーの知識が、十分なものではないと常々感じていた。そこで彼らの弱点を補うべく、伝統的なハーモニーの学習を終えたもの向けの新しいクラスを設立した。「和声の構造的機能」クラスである。このとき(1939年)、以前私の生徒であった若きレオナルド・シュタインが助手の地位におり、その後の3年間もそうであった。当然のことながら、私が本書を書き始めるにあたって、私の考えを伝える手助けをしてくれる人物として彼以上にふさわしい人物はいないのであった。彼は私の考えが展開されていく過程を、全くの最初から見守ってきたし、考えを体系立てようと奮闘する様を見続けてきた。

I was not wrong in this selection. While perhaps a perfectionist might have tortured me with corrections of my English, upsetting the flow of ideas, he had the patience to let me pronounce my sentences in their rudest forms if only they expressed the idea clearly. Of course the gravest grammatical errors had to be eliminated, but the polishing of the style could be postponed.

この選択は間違いではなかった。もし完璧主義者であったとすれば私の英語を訂正することで思考の流れを狂わせ、私を苦しませただろうが、彼は私が簡潔に考えを示すことができているのであれば、思慮深く耐え、未熟な形式で私が文章を記すことを咎めることはなかったのである。もちろん、深刻な文法上の誤りは取り除かれなくてはいけなかったが、しかし文体を洗練させることは後回しにすることができたのである。

In spite of the preliminary work done in classes and Mr. Stein’s collection of notes and examples at this time, the real writing and frequent rewriting of the book demanded nearly two years. The extreme number of examples necessary for illustrating and clarifying every problem;the application of the theories in the analysis of the examples from literature and the inevitable work of writing and copying are indications of Mr. Stein’s share in the production of this book.

執筆のための下準備は授業を通して行われ、その際にシュタイン氏が講義を書きとめ、譜例も集めてくれたのだが、実際の執筆と幾度とのない書き直し作業には、ほとんど2年を要した。尋常でない量の譜例が全ての問題を説明し明確にするために必要であった。理論を実際の譜例の分析に用いるための、譜面の作成と複写は、シュタイン氏が行った。この本の成果の一部はシュタイン氏のものである。

I use with pleasure this opportunity to thank him for his intelligent, careful, assiduous and discriminating assistance.

彼の知的で、注意深く、根気強い、そして特異な力添えに、この場を借り、謹んで感謝の意を示したい。

ARNOLD SCHOENBERG

28 March 1948

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。

One comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式は「スパム対策」です。空欄に正しい数字をいれてください。お手数をおかけします。 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.